プラスマイナス1

アクセスカウンタ

zoom RSS 泉之国のたぬき娘 八

<<   作成日時 : 2010/06/26 17:01   >>

トラックバック 0 / コメント 2

その日は、川辺で夜を明かすことになりました。
火を起こし、川で捕まえた魚を焼いて夕げにします。
捕まえた魚の中には、カジカもいました。

「共食い……」

焼き上がったそれを人間のカジカが食べる様を見て、お陽はぽつりと言いました。

「名前が一緒なだけです」

それを聞いたカジカが、むっとしたのは言うまでもありません。

そうして魚を食べ終わり、二人は明日にそなえて休むことにしました。

「交代で火の番をしましょう。お陽さん、先に寝て良いですよ」
「いいの? じゃあお先に」

カジカに順番を譲られたお陽は、荷物を枕にして横になりました。


……どのぐらいの時間が経ったのでしょう。
お陽は、ぼんやりした意識の中で、カジカがにじり寄ってくる気配を感じ取りました。

(何か用……?)

夢うつつのせいでしょうか、お陽は少しずれたことを考えます。
そうこうしていると、そばまでやって来たカジカはふところから何やら取り出しました。
それは、白い木でできた柄に何かの模様が刻まれた、一振りの小刀だったのです。
お陽が驚いたのは言うまでもなく、逃げるために手足を動かそうとしますが、全く力が入りません。

(うそっ、どうして!?)

身動きできないまま焦るお陽を見下ろし、カジカは握りしめた小刀をお陽の心臓目がけ、一気に――。

「きゃああーっ!!」

その瞬間にお陽は飛び起き、何かに思いきりおでこをぶつけました。

「いった……」

おでこをさすりながらカジカの姿を探すと、すぐそばで、顔面を押さえてうずくまっているのが見えました。
どうやら、先ほどぶつかったのはカジカの顔面のようです。

「な、何すんのよっ!」

お陽は、お尻で後ずさりしながらカジカをにらみました。

(やっぱり、親切な奴には気を許しちゃいけないんだ! 下心があるんだ!)

出がけの父親の忠告が、頭をよぎります。

「変なことをするつもりじゃ……うなされているから様子を見てただけですよ」
「うそ! カジカ、あたしを殺そうとしたでしょ!」
「はあ?」

カジカが、ぽかんとした顔をお陽に向けました。

「一体何を……まだ寝ぼけてるんですか?」
「あたしに向かって、小刀をこう、両手で持って、ぶんって振り下ろしてたじゃないの! ぶんって、ぶんって思いっきり!」

お陽は記憶にある通り、小刀を振り下ろす真似をしてみせました。

「落ち着いて下さい。そんなことしてません、夢ですよ」

カジカはそう言ってなだめますが、なかなか信じられるものではありません。
何か、証拠でもあれば別でしょうけれど。

(証拠……証拠……そうだ!)

「ねえ、小刀持ってる?」
「持ってますけど……」
「見せて」

お陽は警戒を解かない表情と声音で、手の平を突き出しました。
もしもやましいところがあるなら、すぐには差し出して来ないはずです。
しかしカジカはふところから小刀を取り出し、「はい」とあっさり渡してきました。

見破られないという絶対の自信でもあるのでしょうか。
お陽は渡された小刀を観察し始めました。

夢で見た物とは違い、ずいぶん古い物です。
柄の部分は黒ずんでいて、何も刻まれていません。
さやから引き抜いてみると、記憶の中のそれよりも刃が少し短いように思えました。

「うーん……」

(夢……だったのかなあ)

何か釈然としませが、現実だったという証拠がない以上、無理やりにでも納得するしかありません。
やはりあれは夢だったのだ、とお陽は自分に言い聞かせました。

「……信じてもらえますか?」
「う、うん。ごめんね、疑っちゃって」
「いえいえ」

お陽が申し訳なさそうな顔で返した小刀を、カジカは元通りふところに入れました。

「あ、ちょうどいいや、火の番代わるね」
「そうですか。じゃあお願いします」

カジカは「ちょっと拝借します」と言い、お陽の荷物を枕にして寝転がりました。
ほどなく、寝息が聞こえてきます。

規則正しい寝息を聞きながら、お陽は考えました。

あんな夢を見たのは、旅に出た初日だからでしょう。
きっと、生まれて初めての野宿の上に、そばには出会ったばかりのカジカいたので、神経が高ぶってあんな夢を見てしまったのです。
だいいち、カジカに命を狙われる理由がないではありませんか。思い当たるふしもないのですから。

「考え過ぎ、だよね」

お陽は、ゆらゆら揺れる火を見つめながら呟きました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ラブコメかと思ってたら、何やら怪しげな気配……。
ああっ!ワクワクする〜!

カジカという名前のせいで、無性に海鮮天ぷらが食べたくなりますね(笑)
明日のお昼は天丼にしよう。
ia.
2010/06/27 00:38
作者の性格的に、簡単にラブコメ調にはなりませんぜ、ふっふっふ。
今、色々あれこれ伏線とかを練ってるところです。
バラせないので一人でニヤニヤしてます。

天丼いいなあ。さくさく天ぷら……じゅるり。
私のお昼はポテチと酒だ(不健康だな)
鈴藤 由愛
2010/06/27 09:48
泉之国のたぬき娘 八 プラスマイナス1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる