アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
プラスマイナス1
ブログ紹介
書きたい時に書きたいように書くんだよ!!

:注意 :この物語はフィクションです。実際の人物・団体・場所等、一切関係ありません。
     無断転載・パクリ・自作発言はお止め下さい。
     作品中での表現について、作者に思想・暴力・性差別・犯罪行為を助長する意志は全くございません。
     作品は予告なく内容を変更したり削除したりします。
現在コメントを返せる状況にないのでコメント欄を閉じています。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
夜空に輝く……
いくつかの国が共同で、ある惑星の豊富な地下資源に目を付けて採掘のために基地を作った。採掘場と居住空間を通路で繋げたタイプの物である。 基地を設置するにあたっては様々な企業にスポンサーとしてついてもらい、資金をまかなった。さらには作業員達の衣食住に必要な物資なども提供してもらうことになった。 そういうわけで、基地にある物は何でもかんでも企業ロゴ入りであった。 基地からは地球の時間に換算して一ヶ月ごとに映像通信を入れ、それを有料で配信している。ニュースなどでも一部映像が使われることがあり、その... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/11 14:05
12時の鐘よ鳴らないで
俺は舞踏会の夢を見ていた。 庶民育ちの俺に舞踏会の経験は無い。絵本か何かで見た舞踏会をそのまま再現したような風景だった。 綺麗なドレスを着た女性。燕尾服を着た男性。天井には輝くシャンデリア。きらきら光るシャンパンのグラス。テーブルいっぱいの豪華な料理。 誰も彼もが微笑み、楽しげに語らう別世界。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/07 10:46
ある駆け落ちの果て
年頃の少年少女は、禁じられた恋というものに憧れるものだ。 身分差、年の差、近親者同士……そういう世間から見ると「やめておけ」という恋の障害をものともせぬほど強く想いを寄せ合う、というシチュエーションに惹かれるのだろう。 だが実際に禁じられた恋をする者は滅多にいない。そこまで想いを寄せ合える相手なんて滅多に見つからないからだ。 やがて成長した少年少女は、かつての憧れを夢物語と一蹴し現実的な相手をつがいとする。それが普通だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/20 16:12
ネガイネガワレ 25
……その二日後。私は施設へと続く一本道を重い足取りで歩いていた。 そばには落ち着かない様子のグレッグとアマンダが付き添っている。 彼らはブランドンによってこの「計画」に協力することになってしまった。見返りとして、買い付けた土地に上乗せした面積を迅速に引き渡すと約束されている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/12 16:42
ネガイネガワレ 24
彼ら……ブランドンは施設内の情報を求めていたが、一番知りたがっていたのは地下にある水路のことだった。 施設のどこにあるか、どこにつながっているか、主にそんなことを訊かれた。 地図を見れば解決しそうな話だが、地下水路は後からこっそり作られた物で地図には載っていないのだという。 その存在が明らかになったきっかけは、とある人身売買組織を一網打尽にしたことだそうだ。 吐かせてみると色々な所と取引があったと判明したわけだが、その取引相手の中にあの施設長がいたのだ。 妊娠した女性を施設から引き取り... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/22 13:27
ネガイネガワレ 23
もてなしは何も出来ない、というグレッグの言葉を、一行……いや、そばかす以外の面々は謙遜と受け止めていたらしい。ご婦人同士のお茶会における、「こんな物しかありませんの」と同等と取ったということだ。 無論グレッグやアマンダにしてみれば謙遜なぞ意味のないことであり、正直に事実を述べたまでのことである。 結果、木のカップになみなみとお湯を注がれたのをテーブルに出された彼らは閉口していた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/08 14:20
ネガイネガワレ 22
アマンダに一行が来たことを告げると、私は森の中で猟をしている男達を呼び戻すよう頼まれた。 呼び戻すと言っても、わざわざ森に入って人を探すなんて効率の悪いことはしない。入り口の木の枝に板がぶら下げてあり、それを木槌で打ち鳴らすことで男達に知らせるのだ。 何でも叩き方で何事かわかるように決めてあるとかで、カン、カンと一回ずつなら死人か急病人が出た、カンカンと二回ずつなら火事が起きた、カンカンカンと三回ずつならそれ以外、という意味だそうだ。 今回は三回ずつ叩けとのことである。 そんなわけでカン... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/01 18:17

続きを見る

トップへ

月別リンク

プラスマイナス1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる