プラスマイナス1

アクセスカウンタ

zoom RSS 霊界探索之五

<<   作成日時 : 2008/08/18 23:53   >>

トラックバック 0 / コメント 4

すすきの中道を通って来た私達は、木製の巨大な門の前に到着した。
押してもびくともしなさそうな、頑丈そうな作りだ。

私は、ピンときた。

「この向こうに、閻魔様の御殿があるわけね」

「そうです」

おお、私、冴えてるぅ。

「いよいよですが、覚悟はよろしいですか」

「セーブポイントに戻りたい」

「……はい?」

カラスがきょとんと私を見る。
私も、カラスを見上げる。

……無意味にじいいっと見つめ合う、私達。

「うーん、わかんないか」

先に視線を反らしたのは、私。

「ええ。まったく」

カラスがうなずいてる。

「あー、適当に忘れといて」

私は苦笑いしつつ、手をひらひら。

うーん。カラスの言葉が、ラスボス戦の前に出て来る選択肢みたいだったから、つい反応しちゃったよ。

だいたい、ラスボスのいるフロアの手前あたりで、「もう引き返せないぞ、準備はいいのか?」みたいな台詞が表示されるんだよねー。

で、その下に「はい」「いいえ」の選択肢があって。

「はい」を選ぶとそのままラストバトル(バトル前には長いイベントがあるのがお約束)突入で。

「いいえ」を選ぶとまた動けるようになるから、セーブポイントに戻ってもう一回セーブしたり、HPとかMPとか回復させたり、アイテムの数に不安があったら買いに戻ったりするわけなんだけど……。

これ、ロープレやらない奴には、身近じゃないんだわ、やっぱ。

ちなみに私は、ラストダンジョンってだだっ広くて戻るのも一苦労だから、最初から限界までアイテム買い込んで持ってってたけど。

でもこの状況、閻魔様をラスボスと思えば、ロープレのそれによく似てるわよ。
別に、戦わないけどさ。

――くい。

誰かが私の着物の袖口を引っ張った。
見ると、女の子が、私の袖口を遠慮がちに握っていた。

そうかそうか、不安か。

私は、女の子の手を取って開かせて、手をつないだ。
服を掴むより、この方が安心するよね。

……と思ったんだけど、女の子が息を飲む気配を感じた。

えーと、ひょっとしてスキンシップは嫌……とか?

「あ、嫌だった? ごめん」

ふるふるふる。

女の子は首を横に振って、つないだ手をぎゅっとにぎりしめてきた。

嫌がってるとか、怖がってる感じはしないけど……私、実は余計なことしてるのかな?

「開門!」

カラスが高らかに声を張ると、きしみながら巨大な門が開いた。

「おお〜……」

開いた門の向こうには、石畳の道が伸びていて、両脇に池がある。
池にはれんげの花がたくさん咲いていて……って、あれ?
れんげの花って、極楽に咲いてるもんじゃなかったっけ。

……ま、いいか。

道の先には、馬鹿でかい建物がでーんと構えてる。
うーん……十円玉の裏側の建物に似てるかな。
名前、何て言ったっけ。
やたら長ったらしい名前だった気はするけど。

とにかくあれが、閻魔様のいらっしゃる御殿なんだろな。

「すっごいねー。あ、知ってる? れんげの花の歌あるよね、ひーらいたーひーらいたーなーんのはーながひーらいたーれんげのはーながひーらいたーって」

すっかり観光気分で女の子に話しかけてると、

「ぼやぼやしてないで、先を急ぎますよっ」

カラスがスッと門の中に入って行った。
……今の声、ちょっと怒りを含んでたね。

「行こっか」

私の言葉に、女の子が小さくうなずいた。


――私達が中に入ると、後ろで門がバタンと閉じた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
「セーブポイントに戻りたい」私も同じことを言ってしまいそうです。せめて、装備なりと再確認したい。
「平等院鳳凰堂」思わず答えてしまいました。
ノリが良いので、つい一緒に霊界探索している気分になってしまいます。
ia.
2008/08/19 01:06
感想ありがとうございます。

「平等院鳳凰堂」、正解っ!

セーブポイント戻りたいですよね。
ラスボス前までにためた経験値もあることだし。
ただ、私は某ゲームの五作目にて、最終セーブポイントにまつわる悲しい記憶が。
敵を倒さなきゃセーブポイントが出現しないのはかまわんけど、戦闘中にあいつが、あいつが!

よろしければ、またおいで下さいませ。

でも次から更新頻度落ちます。
仕事始まったんで(泣)
鈴藤 由愛
2008/08/19 07:19
ハスの花に平等院みたいな建物。いかにも閻魔様がいらっしゃいそうなところだわ。良い判断が下されますように。
>でも次から更新頻度落ちます。
そ、そんな〜
つる
2008/08/19 19:57
感想ありがとうございます。

一生懸命イメージふくらませてみました。
近代的なものにしようか、それとも徹底して古式な感じで行くか、ちょっと迷いましたねぇ。
どっちにしろハスの花だけは外すまい、と決めながら。

とりあえず、今日のところはまだ大丈夫みたいです。<更新頻度
なので続きを書きました。
書けるうちは書こうと思います。

よろしければ、またおいで下さいませ。
鈴藤 由愛
2008/08/19 23:53
霊界探索之五 プラスマイナス1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる