プラスマイナス1

アクセスカウンタ

zoom RSS 不運なF氏

<<   作成日時 : 2008/03/02 20:46   >>

トラックバック 0 / コメント 7

その男の名を、仮にFとしよう。

ある日、F氏はいつものように出勤しようとして、玄関から踏み出した第一歩で猫のフンを踏んだ。

猫のフンが、玄関の真ん前にしてあったのである。

このやろうっ。
せめて土ぐらいかけていけ!

F氏は腹を立てずにいられなかった。

今度野良猫を見かけたらただじゃおかない、とさえ心に誓った。

F氏は会社までの道のりを、運動をかねて自転車で行き来している。
自転車にまたがり、ペダルに足をかけた瞬間、F氏は違和感を覚えた。
まるで、タイヤがなくなっているかのような、ぺったんこな感覚。

よく見ると、空気入れの栓がなくなっていた。

おそらくは誰かのいたずらだろう。

タイヤの空気が全て抜けていて、これでは自転車としての機能が果たせない。


どこのどいつだ、こんなことしやがって!


顔もわからない犯人を、いつまでも罵っていても仕方ない。

F氏はタクシーを拾おうと、大通りに向かった。

今日は一刻も早く会社に行かねばならない。
大事な会議があるのだ。
F氏はこの日に提出する企画に自信を持っており、そのプレゼンテーションによって出世も決まると考えていた。

千載一遇のチャンスを、みすみすあきらめたくはない。


大通りまで歩いたF氏は、タクシーの姿を求めてキョロキョロと辺りを見回した。

しかし、いっこうにタクシーの来る気配がない。

いつもはあちこちにいるくせに、人が切実に待っている時は一台もいないなんて、一体どういうわけなんだ。

こうなったら電車だ。
F氏はタクシーをあきらめ、駅へと急いだ。

しかし、駅にたどり着いたF氏を待っていたのは、本日全線運休の貼り紙だった。
電気システム系統の故障が原因らしい。

そんな……。

F氏は全身の力が抜けていくのを感じた。

貼り紙の前で、駅員が乗客達に責められ、平謝りしているのが見える。
自分も何か言ってやらねば気が済まないところだったが、F氏はぐっとこらえ、駅前のバス停に走った。

会議まではあと二十分。
バスなら確か、十分ほどでつくはずだ。

バス停に行ってみて、F氏はあんぐりと口を開けた。
とても一台には乗り切らない人数が、ずら〜っと並んでいるのだ。
律儀に並んで待っていたら、間に合わない!

F氏はやけっぱちな気持ちになり、会社に向かって走り出した。
走ったところでおそらくは遅刻に違いないだろうが、それでもじっとしてはいられなかった。

一体何なんだ、今日は!
次から次へ、まるで人を妨害するみたいに!
世の中の連中は、そんなに俺が出世するのが気に入らないのか!


F氏は泣きたい気持ちで走った。


走って走って、走り続けて、会社のある通りに差し掛かると、人だかりに出くわした。

どうやら、何か事件があったらしい。
人だかりをかいくぐっていくと、黄色いテープと警官の姿があった。

聞くまでもなく、封鎖されている。

……それどころじゃない!

もはや会社――会議のことしか頭にないF氏は、構わず入ろうとした。

「ちょっと、立ち入り禁止ですよ!入らないで下さい!」

警官に制止され、F氏は声を荒げた。

「うるさい!この向こうに会社があるんだ、早く行かないと、大事な会議に間に合わない!」
「どこの会社?」

F氏が会社名を告げると、警官はじっと顔を見つめてきた。

「……運のいい人だ」
「は?」

「ニュース……はまだ見ていないみたいですね。今、あなたの会社、銃を持った男が立てこもってるんですよ」

そこへ、パアン、パアン、と乾いた銃声が立て続けに聞こえた。

「危ない、下がって!」

警官が鋭く叫び、辺りが騒然とした空気に包まれる。


……今日の俺は、運が良いのだろうか。
それとも、悪いのだろうか。


F氏は、あ然と立ち尽くすより他になかった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
すごく臨場感に溢れていて一気読みでしたよ。ついてない一日のスタートってあるけど、案外そういうことなのかなって考えるようにしないと、やってられませんもんね。
つる
2008/03/02 21:53
感想ありがとうございます。
思いがけないトラブルに見舞われて何かができなくなったり、あきらめなきゃいけない状況になった時は、こんなこと考えるようにしてます。
きっと、順調に進んでたら最後にどんでん返しが待ってて、ずっと悲惨だったに違いない!って。
……でも「きいーっ!」な思いは消えませんが。

よろしければ、またおいで下さいませ。

鈴藤由愛
2008/03/03 21:39
イラつくF氏の焦りがMAXになったところで、オチがきれいに決まりましたね。面白かったです。
人間の運・不運って、意外とこんなもんですよね〜。
ia.
2008/03/03 21:49
焦るF氏を気付いたら応援してました。
すんなり感情移入できる所、素晴らしいです。
neon1914
2008/03/04 08:32
感想ありがとうございます。

ia.さま>幸運と不運は紙一重ですよね、きっとね。
F氏にしてみれば出世の場を奪われて不幸かもしれませんが、第三者に言わせれば事件に巻き込まれなくてラッキーだったね、ってことにもなるわけで。

neon1914さま>感情移入してもらえたなんて、うれしいです。
実際にこんだけ不運が続いたら、私だったらわけわからん行動取りそうです。
会社に電話かけて「ね、猫が自転車!」とか口走って「お、落ち着きなさい」って言われたりとか。

よろしければ、またおいで下さいませ。


鈴藤由愛
2008/03/04 21:43
おおーハラハラしたー(汗)
何から何までついてない日はありますが、この場合、結局帳尻が合ったと言えるのかな?(笑)僕なら途中で帰りそうです^^;
レイバック
2008/03/07 23:39
感想ありがとうございます。
確かにこんな調子で朝っぱらから怒涛の攻撃(?)があったら、私もきっと会社を休みますね。もう仕事できるコンディションじゃないもの。
……でも、なかなかそうもいかない世の中……。

よろしければ、またおいで下さいませ。
鈴藤 由愛
2008/03/08 21:26
不運なF氏 プラスマイナス1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる