プラスマイナス1

アクセスカウンタ

zoom RSS お題de小説裏企画編「オタカレ」

<<   作成日時 : 2008/02/17 22:26   >>

トラックバック 0 / コメント 12

*このお話は「チョコレート」「ガンダム」「鰻」の三つのお題を使ってお話を書くという某所の企画に向けて書いていたけれど、期日に間に合わなかった、というシロモノです。

「ミユキさーんっ」

休日の街中で、でかい声で名前を呼ばれて、あたしはギクッと固まった。

こ、この声は……っ!

あたしの歩くスピードが、自然と上がる。

「あーっ、ちょっと、ミユキさんったら! ミユキさんってば! ミユキさーんっ」

ええい、公衆の面前で名前を連呼するなっ。

あたしは、ため息をついて足を止めた。

「もう、聞こえてるのに無視するなんてひどいですよ」

すたたっと追い付いてきたのは、部活の後輩のトオル。
あたしより小柄で、顔も「美形」とは絶対言えないけど、斜めから見下ろした時の顔が妙に心に残る男。

そんでもって、いろいろと個性的なヤツだ。

たとえば、今トオルが着てるTシャツ。
チョコレート色の布地に、ウナギがプリントされている。

…何故にウナギ。

「なんでウナギのTシャツ着てるわけ?」

「ちーがーいーまーすー」

あたしの発言に、聞き捨てならんとばかり、トオルが口をとがらせる。

「ウナギだなんて失敬な。これは龍です、ドラゴンですよ」

強固に主張してるトコ、悪いけど。
どっからどう見ても、ウナギにしか見えないって。

「それより! これ、見て下さいよ」

トオルは、何やら白いビニール袋入りの箱を持っていた。
言われなくたって、中身がわかる。

……ガンダムのフィギュアだ。

そう、トオルは、いわゆる「ガンダムオタク」。
特にご執心なのがフィギュア。
ガンダムフィギュアのことなら丸一日語っていられるという男だ。
会うたびにトオルはフィギュアのことを熱く語ってくるから、忙しい時にうっかり出くわすと、大変な目にあう。
だからあたしはトオルの声がすると、反射的に逃げ出すくせがついちゃったわけで……。

「それ、フィギュア、でしょ」
「当たりです〜! さすがミユキさん、わかってるぅ」

ふん。
別にわかりたくもないわい。

「ああ〜。これ、ずっと探してたんですよ。限定版!どこ探しても売り切れで、今日やっと見つけたんです。最後の一個だったんですよ。僕、ついてるなあ。あ、でも置き場所ないしなあ」

トオルはあたしからガンダムのフィギュアに関心を移し、自分の世界に浸っている。

……確かに、フィギュアの細かいところの作りとかはすごいと思うよ。
でも、そこまで夢中になる気持ちは、あたしにはわからない。


あたし……何でこんなヤツが好きなんだろう。

小さくため息が出た。

こいつにしてみりゃガンダムが一番で、あたしなんか二の次以下なんだぞ。

そもそも恋愛に傾ける情熱があるなら、その分もガンダムに捧げる勢いのヤツなんだぞ。

せめて、好きな女キャラでもいたら、好みのタイプがわかって対策の練りようもあるってものを、コイツはキャラには無関心ときてる。

あたしにできたのは、堅苦しい「先輩」付けから「さん」付けに変えさせたぐらい。

実りっこない、この恋心。

「ミユキさん、見てくださいよ」

トオルがビニール袋から、がさがさと箱を取り出す。

アニメキャラとかがデカデカ描かれた箱の中に収まってるのは、赤いフィギュア。
ガンダムとは違う形のやつだ。

「……何それ」
「シャア専用ザクですよ!」

トオルが心底うれしそうに目をキラキラさせてる。

……ぷつっ。

知るかーっ!
あたしのイライラ度が頂点に達する。

トオルにとって、あたしって何なんだろう?
そういえば、あたしと話してる時っていっっつもガンダムフィギュアの話しかしないし。
こっちが日常会話しようとしても、どうにかしてガンダムフィギュアの方向に持ってくし……。

ねえ。

もっと違う話しようよ。
それとも、あたしのことは男友達みたいにしか思ってないの?

「あの、ミユキさん?」

黙りこくってるあたしを、さすがに不審に思ったのだろう。
トオルが屈託ない笑みのまま、首を傾げてる。

もう、やだ。
何であたし、一人でこんなに悩んでるんだろう?
馬鹿みたい!

「もう、うんざりよ」
「え?」
「あたし、ガンダムフィギュアの出てこない話がしたいのっ!」

ああ、カッコ悪い。
最後ちょっと涙ぐんだしっ。

「……特別ですよ?」

へ?

「ミユキさんは……その、特別です」

心なしか、トオルの顔が赤いような……。

「えっと……?」

「だ、だから……僕がガンダムフィギュアの話するの、ミユキさんだけで……あ、あの、相手がミユキさんだからであって……」

トオル、それ、どういう意味なの?
もしかして、そういう意味……なの?

あたしは、くるりと後ろを向く。

「ミユキさんっ?」
「ノド渇いた。喫茶店行くわ」
「お供しますっ」

あたしの口からは、「好き」なんて絶対言わない。
だから、この恋が成就して欲しかったら。
二言目にはフィギュアのことばかり言うその口から、勇気を出して言いなさい。

――待っててあげるから。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
ああ、その男の心理はあるかもです!
そりゃあ趣味仲間には話すけど、他の女性には
特別な何かがないと話さない。

それを知ってて待ちのラストも味がありますね。
よかったです!
銀河系一朗
2008/02/17 23:27
前向きでイイ感じ。
ストレートで、爽やかでした。
ウナギドラゴンTシャツ、もしかしてカッコイイんじゃないのかな〜。欲しい。
ま、とりあえず、トオルは幸せ者ですな(笑)
火群
2008/02/17 23:28
ウナギのシャツのところで吹き出してしまいました。
おもしろかったです。素敵なお話……。

(でもウナギみたいな龍のシャツ着て、ガンダムオタクで、チビな男か……。私なら確実にパスだな)
七花
2008/02/18 01:44
ウナギ龍・・・。
やっぱり、この人ボケキャラだ。隠してもダメですよ!
会話のテンポもコントみたいで楽しいです。
あっ!でも今までの作品では「神様におねがい」が一番好きでした。ここに書いてゴメンナサイ m(__)m
ia.
2008/02/18 02:21
感想ありがとうございます。
失礼ですがまとめてレスを。

>銀河系一郎さま
表企画の方が暗めなテーマだったので、裏企画は明るくしようと思って、こんな感じになりました。
自分の趣味を好きな人に明かすのって、実は勇気いりますよね。

>火群さま
鰻のお題ををどうしようか悩んだ末、Tシャツにしました。
我ながら阿呆なアイディアだと思ってます。
ウナギTシャツ、略してウナT。

>七花さま
私も正直、こういった人はちょっと……です(何
オタクうんぬんはともかくとして、せめて女性としては、見下ろすよりも見上げていたいですよね。
なんとなく。

>ia.さま
ええ、トオルはボケキャラとして設定しました。
なのでミユキはボケを生かすためにツッコミ系で。
「神様おねがい」がお気に入りですか、ありがとうございます。
そう言ってもらえるとやる気が出ます!
でもネタはなかなか出てきませんっ(涙


それでは皆様、よろしければ、またおいで下さいませ。
鈴藤由愛
2008/02/18 22:32
こんばんは。
おお。ドSな感じのラストがいいですねぇ。ミユキさん!僕も付いていきます!(笑)こういう男女間での上下関係もお話にすると面白いですよね。この二人の今後も気になります^^
レイバック
2008/02/19 00:02
彼は自分の事をもっと知って欲しいのかな?
だけど少しは相手の話も聞かないとね。

2008/02/19 00:17
おお!お題「裏」にチャレンジされたんですね。すごい。お題クリアどころかストーリーも楽しいです。「オタカレ」を持つミユキさんの心情が手に取るようにわかります。トオル君に限らず女って男の成長を待ってるとこありますもんね。由愛さんの書く女心は天下一品です。
つる
2008/02/19 19:59
感想ありがとうございます。
失礼ですが、またまとめてレスをば。

>レイバックさま
ミユキの隠された(?)Sっ気を見出すとは、さすがです(何
この二人がカップルになったとしたら、絶対ミユキが主導権握りそう。
ミユキの後ろ、三歩下がってトオルが歩く、みたいな。
今後は……あるのかしら。

>鯨さま
好きになってもらうには、やっぱり相手のことも考えなきゃいけませんよね。
トオルにはもっと成長してもらわねば。
とりあえず、ミユキがイライラしない程度に。

>つるさま
「裏」書けない書けないと弱音を吐いておいて、こっそりチャレンジしてました。
年下の彼氏だと特に、ですよね<男の成長
女心を書くのは楽しい反面、ものっそ恥ずかしいです。
恋愛ものって、思いついても照れるからなかなか書けない〜。

それでは皆様、よろしければ、またおいで下さいませ。
鈴藤由愛
2008/02/19 22:18
遅くなっちゃいました。
ごめんなさいね。
女の子の男前さがいいわ〜(笑)
最後のセリフが生きてますね。
でもこんな彼は放っておけないかもって
感じで味がありました。
楽しかったですよ♪

2008/02/22 09:17
ia.です、こんにちわ。
「ハキダメにつる」のつるさんと、女性ブロガーさんの交流を深めたいとリンク集を作ってみました。
シャレみたいなものですが、よろしければご参加ください。

http://novel-house.jugem.jp/?eid=26

コメント欄にお邪魔して、すみません。
ia.
2008/02/23 17:28
舞さま>感想ありがとうございます。
確かにトオルって頼りない感じです。
でも、いつかは意外な男らしさとか!頼れるところとか!見せてくれると……いいな。

iaさま>おおっ。お誘いありがとうございます。後日リンクを張らせていただきますね。

お二方さま、よろしければ、またおいでくださいませ。
鈴藤由愛
2008/02/23 20:13
お題de小説裏企画編「オタカレ」 プラスマイナス1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる