アクセスカウンタ

<<  2017年3月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
ネガイネガワレ 11
自分の名前をひたすら手元の小さな黒板に書き続ける、という初歩の教育は成功をおさめた。 デニスは時間の終わりに一人一人の書いた物を見て回り、ここが違うとかここは上手だとか指導して回っていた。 見た目の良い若い男性が、わざわざ自分を気にかけてくれるのである。この行動は女性達からの高い歓心を得ることとなり、それが結果につながった。 自分の名前を皆の前で書くというテストは全員が一発で合格となった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/25 19:05
ネガイネガワレ 10
私達がここで共同生活をしているのは、仕事と教育の機会を与えられてのことである。中身や充実度がどうあれ、そういう名目である。 だがここでの暮らしが始まって一月が経ち二月が経ち、とうとう雪のちらつく季節になっても教育の機会なんてものは訪れなかった。来る日も来る日も、ひたすら鉄の輪っかを磨かされ続けた。 それでもう、誰もが読み書きや計算なんて教えられることもなく仕事ばかりさせられ続けて終わる人生を疑いもしなくなった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/18 15:44
ネガイネガワレ 9
私はさっさと食べ物を胃に詰め込むと、回収用の箱に食器を入れて食堂を出た。 そもそも味わって食べるような食事じゃないが、今日はことさら味なんてわからなかった。 次に割れ鐘が鳴らされるまでは自由に休憩していて良いことになっている。ただし休憩中であっても建物の右側、男達が生活と仕事をしている方へ立ち入ることは許されていないが。 食堂を出ると、なるべく人のいない方を目指して歩く。 いつもなら仕事の部屋の自分の席に座って時間をつぶすところだが、今日はそうもいかない。 私はちらりと、肩越しに後ろの... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/11 17:32
ネガイネガワレ 8
人間が心ある状態を持つには、衣食住が満たされていなければならない。そのうちどれかが欠けても人間性に害が生じる――何かでそう聞いた覚えがある。 確かに、健やかな人間性を保つには、清潔な衣服と三食と寝場所の保証された暮らしは欠かせないものだろう。 今の暮らしはそれに当たるのかどうかと問われたら、私には答えられないが。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/04 17:51

<<  2017年3月のブログ記事  >> 

トップへ

プラスマイナス1 2017年3月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる