プラスマイナス1

アクセスカウンタ

zoom RSS 幸せの? 青い鳥

<<   作成日時 : 2008/10/13 17:20   >>

トラックバック 0 / コメント 6

*このお話はポルノグラフィティの「ネオメロドラマティック」を聞きつつ書きました。つる様に捧げます。


朝、目が覚めると、私は青い鳥になっていた。

鏡で見ると、頭もお腹も、全身ムラなく完璧に青い。

こうなった原因はちっともわからないけど……取りあえず、お腹減ったし、何か食べよう。

と、思ったけど。
冷蔵庫の扉は開けられないし、水を飲んでごまかそうにも蛇口をひねる事ができなかった。

しょうがない。
外で食べ物を調達しよう。
確か、近所に鳥好きのおじさんがいて、えさ台にパンくずや果物を置いていたはずだ。

……って、どうやって部屋から出よう。

「ちょっと鈴木さーんっ」

あ、大家さんだ。

大家さんは基本的には明るくて気のいいおばちゃんなんだけど……いつも、こっちの返事を待たずにドアを開けちゃうから、困ってるんだよね。

でも、今なら外へ出られるチャンス!

がちゃ、とドアが開けられた瞬間、私は全力で羽ばたいて、すき間から外へ飛び出した。

ありがとう大家さん!
でも普段は勝手にドアを開けないで!

「あ、あ、あ、青い鳥だーわぁーっ!!」

大家さんの叫びを背中で聞きながら、私は近所の鳥好きのおじさん家に向かった。
ご飯ーご飯ーごっはっんー。

「どけどけどけーいっ」

鳥好きなおじさんの家に無事たどり着いた私は、エサ台に群がるスズメ共を蹴散らし、食事にありついた。

ん? みっともない?
動物の世界は弱肉強食よ! ぐずぐずしてたら、私の食べる分なんてなくなっちゃうわっ。
ああ……パンくずやリンゴのかけらが、こんなに美味しい物だったなんて……。

感動すら覚えていると、ふっと影がさした。
顔を上げると……あ、網が降ってくるー!?

私はくわえていたパンくずを離して、慌てて飛び立った。

「あっ、ちくしょうっ!」

近くの木の枝に避難すると、手に網を持ったおじさんが、血走った目を私に向けているのに気付いた。

こっ、怖い。
鳥好きの、のんびりしたおじさんだと思っていたのに、こんな恐ろしい顔をするなんて……。

「ほらほらほら、早く追いかけて!」

大家さん!?
何でここにいるのっ?

「青い鳥を捕まえたら幸せになれるのよ。ほら、がんばって!」

大家さんは、やいのやいのと鳥好きおじさんをけしかけてる。
そういえば、そんな童話があったわね。

「ああ、さぞかし高く売れるんだろうな!」

――おじさん、あんたは全国の鳥好きに土下座して謝れ。

捕まったら後が怖いので、私は逃げることにした。
お腹いっぱいとは言えないけど、一応食べることはできたんだから良しとしよう。

私が飛び立つと、後ろから「ああああ〜っ」と残念そうな声がした。

こんな具合でおじさんの所を逃げ出したものの……その後は大変だった。

どうやら大家さんは、あちこちに「青い鳥がいるのよー!」と教えて回っているらしくて、時間が経つにつれて、私を追いかける人間がどんどん増えたのだ。

一般市民の皆さんが、学校も仕事も放り出して追いかけ回してくるし、そのうち怪しげ格好の団体も出てくるし、混乱をどうにかするためにやってきた警察官でさえ、ちらちらと「すきあらば捕まえてやろう」って言いたげな視線を向けてきた。

パチンコで石を投げつけられたり、ボウガンの矢が飛んできたり、麻酔銃で何度も狙われたり、もう、冗談じゃない。
せっかく鳥になれたっていうのに、空を飛ぶ気持ち良さなんて味わってられなかった。

まったく! お前ら、自分の幸せを鳥に頼るなあああ!

――夕方近く。

私は、注意深くマンションに戻ると、自分の部屋のドアの新聞受けに体を押し込み、中に転がり込んだ。

心も体もくったくたで、もう、動く気になれない……。
幸せの青い鳥ってさ……青い鳥自身は決して幸せな思いしてるわけじゃあないのね……。

私は、目を閉じた。

目が覚めたら、人間に戻っていますように……。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
けビンから改名しました。
幸せの象徴も、当人(人ではないけど)は大変ですね。自分の幸せをモノやジンクスに頼るのも、取りにとっては滑稽に写るものなんでしょう。^^;
新聞受けで人間になったあかつきには、そのまま出られなくなりませんようにww
たろすけ(すけピン)
2008/10/13 18:31
人には幸せを与えている人?物?ってそれなりに苦労があるのね。
なんて思いながら読みました。
それに鳥好きのおじさんや明るくて良い人のはずの大家さんも実は自分だけの幸せを考えていたり、欲があったり。
そして世間の人も誰もが青い鳥を欲しがって。
それだけ誰もが幸せでないってことなのかしらね。

たろすけさんと同じく、郵便受けからどうやって出るのか気になります。
なんて意地悪ですよね〜w

2008/10/13 22:23
たろすけ(すけピン)様>お久しぶりでございますだ〜。改名なすったんですねえ。
青い鳥だけじゃなく、黒猫にも似たようなことが言えますね。
見かけただけで「うわー縁起悪いー」「不幸になるー」だのと言われたらたまりませんよ。
悪いことがあった責任を猫になすりつけるな、っていう。

舞様>ハタから見たら幸せそうな人でも、案外「不幸じゃわ〜」って考えてたりしますよね。
幸福って上限がないのかしらん。
私は、お腹いっぱい食えて眠れたら取りあえず不満はありません。
問題は、それだと太ってしまうというところです(不満あるじゃねえか)

で。現在お二方に指摘を受けている新聞受けの話ですが。
全く考えておりません(問題発言)。
結末は、破壊して人間に戻っているか、新聞受けサイズの人間になっているか、なぜか目覚めるときちんと布団に入っているか、のどれかということで。ぐしし。
鈴藤 由愛
2008/10/13 22:33
お久しぶりです。
「自分の幸せを鳥に頼るなあああ!」この台詞がたまりません(^^ 好きだなぁ、こういうキャラ。青い鳥になったら、という発想も面白かったです。
うちにもいますよ、青い鳥。エサと飼い主様の指の区別もつかないインコですけど。ええ、幸せですとも。
ia.
2008/10/14 01:38
ごめんごめん。来るのが遅くなってしまって。
リクエストに答えてくださってありがとー!
まず、「J研」ていうサイトで、この曲を探しました。知らないのお?なんて言わないでね。わたし、浦島太郎みたいだけど、一時文化的なものがスポッと抜けてるのよ。こどもが小さい時はそれどころじゃなかったからね。それでまあ、とにかく曲を見つけてBGMにしながら読みました。刹那を感じる曲だわ。でも、見えた。わたしにも見えましたよ。青い鳥。危機的状況から逃げ回る焦燥感みたいなのが、すごくよく文章にでています。
これって、青い鳥だけど、例えば、夢を売る芸能人にも当てはまるなあ、なんて思ったりもしました。リクエストに答えてくださって本当にありがとう。
つる
2008/10/14 02:21
ia.様>「自分の幸せを〜」は一番訴えたいメッセージだったので、そう言ってもらえてうれしいです。
インコを飼ってらっしゃるんですね。
何かしゃべるかな?

次回は、あなたのリクエストにお答えします!

つる様>ひいいい、すみませんっ、気がきかなくて!
クラシックとかにしとけば良かったー!
でもクラシックじゃ何も浮かばなかったー!
小さいお子さんがいるうちは、自分の事すら二の次ですもんね、大変ですよね。
内容はちっと歌詞に引きずられちゃったかも……。
いえいえ、こちらこそリクエストいただきまして、ありがとうございました。
鈴藤 由愛
2008/10/14 07:34
幸せの? 青い鳥 プラスマイナス1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる