プラスマイナス1

アクセスカウンタ

zoom RSS 足元からの危機(ニ十四回目)

<<   作成日時 : 2008/09/13 22:36   >>

トラックバック 0 / コメント 5

「さてと〜……若桃様とキジをどうやって助けだそうか……」

オバちゃんが、爪をかみながら床の石を指先で叩く。

「待った! タマちゃんのことも忘れないでくれよ」

思わず口をはさむと、オバちゃんが首をひねった。

「誰だい、そりゃ」

あ、そうか、知らないか。
ついさっき知り合ったばっかりなんだから、しょうがないわな。

「オレに従ってる犬。あ、オカマ……じゃなくてキジは、タマちゃんのこと、神犬の末裔とか言ってたかな」

神犬、って何なのか、正直オレにはよくわからない。
柴犬とか秋田犬とか土佐犬とか、そういう犬種を指した名称じゃないんだろうけど。

オレがタマちゃんについて知ってるのは、頑固で気難しくてオレに対してやたら厳しいっていうのと、人間の言葉をしゃべれるっていうのと、メガネ男と対等に戦える戦闘能力を持ってることぐらいだ。

「ただの人間に、忠誠を誓わせるのは至難の技だっていう神犬が従ってるのかい!?」

オバちゃんが、驚いた顔で詰め寄ってくる。

ただの人間、かあ。
うーん、否定した方が良いんだろうか。
さっき、桃太郎の双子の兄弟の血を引いてて、なおかつそいつの生まれ変わりだって、前世の自分にはっきり断言されちゃったもんな。

でも……説明すんのめんどくさそうだな。

ま、いいや。否定しないでおこう。
だいたい、特に何も出来ないんだし、能力的には「ただの人間」で間違いないもんな。
ああいうものを見せられたからって、特別だ、選ばれた、なんて勘違いしちゃマズイよな。
もしかしたら、前世の自分のことだって、死にかかって見た夢みたいなものかもしれないし。

オレはオレだよ。
前世がどうでも、血筋がどうでも、思い上がっちゃいかんよ、うん。

「ああ。確か、キビ団子をあげたんじゃなかったかな」

オレは、無難な話をしておいた。

正確に言うと、あげたんじゃなくて、犬恐怖症のオレが、タマちゃんから逃げるために、うーんと遠くまで力いっぱい放り投げただけ、なんだけどな。

「……驚いたね。地上の世界にはまだ、きび団子を使った主従の契約の結び方を知っている奴がいたのかい」

オバちゃんよ。
思いっきり遠くへ放り投げることで主従の契約が結べるというのなら、初代の桃太郎はどうしていたんだ。

「とにかく、話を進めるよ。全員の居場所を最優先で調べないといけないね……」

そこまで話して、オバちゃんはオレをチラッと見て、はあっ、と絶望したようにうなだれた。
どうも、作戦を練る、って言った時の自信が、ぺしゃんこにつぶれたみたいだ。

やめろよー、なんか気分悪いぞー。

「圧倒的に不利だねえ。たった二人で鬼達の目をかいくぐって行動しなきゃいけないなんて。数がそろってりゃ、手分けして事にあたれるんだけど……退路を死守しながら進むのは無理だね、こうなりゃ人質でも取ろうか……」

難しい顔をしながら、ぶつぶつ言ってる。

すいませんねえ。
何の能力もない奴が相方に就任しちまって。

「誰を人質に取ろうか……死んでもかまわないような下っ端じゃ駄目だね、人質どころか盾にも使えないし……じゃあ恐ろしい爆弾を仕掛けておいたとでもハッタリをかまして、その間に……いや時間が足りないね、だいたい見抜かれたらオシマイだよ」

オバちゃん、言ってることがだんだん物騒になってきてんだけど、自分で気付いてるか……?

「居場所がわからないのは、やっぱり痛手だね。自由にうろつける立場じゃないから、情報なんかほとんどないし」

「自由にうろつける立場……」

その時、オレの頭にピコーンと電球がついた。
そうだ、このテがあるじゃん!

「あのさ、ここって鬼の兵士とかそういうの来る?」

オレの質問に、オバちゃんは首をかしげながら、

「たまに来るよ。私に臭い飯を持ってきたり、あとは死体を始末するために回収に来たり……」

「じゃあ、どうにかしてそいつらの制服を奪い取って、兵士になりすまして情報集めようぜ!」

オレの提案に、オバちゃんは目を丸くしていた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
由愛さん、集中力続いてすごいな。
小崎君、いい「ピコーン」が点灯しました。閃きでカバーね。
つる
2008/09/14 21:56
集中力は正直、時々途切れます。
これ書いてる時も、何度か睡魔のせいで意識なくしました。
あがっ、とか、おごっ、とかいう感じで目を覚ましてまた書いて、という具合です。
小崎くんはアイディアと根性(?)でがんばってもらいますグフフ。
戦えないのなら、せめてそっちで頑張らないと、本気で影が薄くなるから……。
鈴藤 由愛
2008/09/14 22:04
兵士になりすましてって、まさか原典はドラクエ?大丈夫か、オザキ。リセット出来ないよー。
このハラハラ感がたまりませんわ☆
ia.
2008/09/14 22:20
もしかして、「電球の閃き」は、ロマサガ?
どうでもいいコメを追加してすみません(^^;
ia.
2008/09/14 22:23
いろんなゲームに出てきますよね。敵の兵士だか何だかの服を奪って変装して、っていうネタ。
私はゲームで言うとFF6とアークザラッド2に出てくるのを覚えてます。
ドラクエは1と2しかやってないからわからない……。
電球はロマサガ2で初出なんですよねえ、なつかしいなあ。
戦闘中に電球がピコーンとつくとテンション上がる上がる!
……クリアできなかったけど。

小崎くんは……まあ大丈夫でしょう(ぉ
鈴藤 由愛
2008/09/14 22:34
足元からの危機(ニ十四回目) プラスマイナス1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる