プラスマイナス1

アクセスカウンタ

zoom RSS あたしと魔法の皿

<<   作成日時 : 2008/04/27 00:04   >>

トラックバック 0 / コメント 6

家の食器棚を整理していたら、奥から汚い皿が出て来た。
茶色い汚れがべったり張り付いていて、正直あまり触りたくない。

でも、手頃な大きさで重宝しそう。
捨てるなんて、ちょっともったいない。

あたしは、取りあえずつけ置きしようと流し台の前に立ってから、こないだとある店のオープン記念にもらった粗品のことを思い出した。
確か、水だけで頑固な汚れもよく落ちる、というスポンジみたいなやつだ。
いい機会だ、使ってやろう。
ポンジを濡らして軽く絞ってからこすってみる。
すると、ぺったり張り付いていた茶色い汚れが取れてきた。

すごいなあ、現代の科学。

ひそかに感動していたら、いきなり、もくもくもくもくと白い煙が立ち上った。

えっ? 何よ、火事?

驚いて動けずにいると、煙の中から大男が現れた。

「お呼びでございますか、ご主人様」

大男はあたしに向かってうやうやしくお辞儀をする。

「あ、あんた誰よっ」

「私は皿の魔神でございます。何なりとご用をお申しつけください」

……開いた口がふさがらない。

皿の魔神って。
アラビアンナイトに出て来る魔法のランプの魔神じゃあるまいし。

「ねえ、どんな願い事でも叶えてくれるの?」

あたしは試しに聞いてみた。
頭の片隅には、「これは夢だ」とか「あたしは幻覚を見るほど疲れているのか」とか、そんな可能性もちらついている。

「もちろんでございます。ただ……叶えてさしあげられるのは三つまでですが」

三つまでかあ。
まあいい。
早速、願い事を叶えてもらおうじゃないの。

「じゃあ、あたしを大金持ちにして」

「お安い御用です」

途端、ばふん、と煙が全身を覆った。
煙が消えてなくなっても、特にあたしの体に変化はない。

「ちょっと、本当に大金持ちになったの?」

食ってかかると、魔神は「まあまあ」と言わんばかりに両手で抗議を制した。

「私は嘘を申しません。嘘だとお思いなら、どれでも探してみればよいでしょう」

なんだかなあ……。
半信半疑で通帳を見てみると、一、十、百、千、万、十万、百万、千万、一億、十億、百億……とんでもない桁の金額が入ってた。

「ほ、ホントにお金持ちになってる!」

「でしょう?」

あたしは、自然と顔がにやつくのを止められなかった。
これだけあれば、服だって、バッグだって、靴だって、美味しい食べ物だって、値段を気にせず買える!

「ご主人様、他には何を……」

聞かれて、あたしは戸惑った。
あと二つしか、願い事は叶えてもらえない。
ここは、慎重にやらないと。

「今はないけど……後でまた願い事が出てくるかもしれないわ。呼んだら来てくれる?」

魔神は、にこにこ笑ってうなずいた。

「もちろんですとも。ご用がありましたらいつでも、皿をこすってお呼び下さい」

ほっ。
それなら安心だ。

「ん。ありがと。戻っていいよ」

あたしが言うと、魔神はあっという間に姿を消してしまった。
さて、この皿はしまっておかなくちゃ。
あたしはその皿をていねいに紙で包むと、戸棚の中に大切にしまいこんだ。

さて、あと二つの願い事を、慎重に考えないと。

とびっきりの美人にしてもらおうかな。
アパート住まいなんかじゃなく、豪邸住まいにしてもらおうかな。
それとも、ステキな彼氏か旦那様を要求してみようかな。

ベッドに入ってからもそのことが頭をぐるぐる回っていて、なかなか眠れなかった。


……結論から言うと。


あたしの残り二つの願い事は、叶わなかった。
皿の魔神が拒否をしたからじゃない。
その日の明け方に地震が起きて、戸棚が倒れた拍子に、あの皿が粉々に割れてしまったのだ。
起きてからそのことを知ったあたしは、慌ててかけらを集めて接着剤でくっつけてみたのだけれど、魔神はもう出てこなかった。


人生は、人の意思をはるかに越えている――って言ってたの、誰だったかな。

今日ほど、その言葉をかみしめた瞬間はなかった。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
もったいない〜〜〜!そんな結末ありですか(笑)
ところで、こういう魔人系って「お金持ち」っていうと質問もせずに妥当な「大金持ち」にしてくれますよね。その時代の経済状況に詳しいんだなと思っちゃいます(笑)
ia.
2008/04/27 01:08
感想ありがとうございます。

きっと、その時代時代でお金を勉強してるんですよ。
「大金持ちにしてちょ」「わかりました」「いらん!和銅開賃かよ!」みたいな事があったら、大変ですもの。

……あ、そういうオチにすれば良かった!

よろしければ、またおいで下さいませ。
鈴藤由愛
2008/04/27 12:30
あ〜もったいないことをしました。あと2つ叶えてくれそうだったのに〜。
流れ星を見てもすぐには願い事がいくつも出ませんよね。もしかしたら本当に欲しいものなんて無いような気もしてきました。
つる
2008/04/28 01:01
感想ありがとうございます。

流れ星見ても、とっさに願い事なんて出てこないですよ。
だいたい、言ってる暇ない速さで消えちゃいますしね。

ちなみに私が本当に欲しいものは愛ですよ(黙れ)

よろしければ、またおいで下さいませ。
鈴藤由愛
2008/04/28 07:48
たぶん、残りの2つは叶えられたので自らを割ってしまったのかもしれませんね。

だって、
『呼んだら来てくれる?』
『戻っていいよ』
ほら。



……私がひねくれ者なんで、気にしないでください。汗
けビン
2008/04/28 23:16
感想ありがとうございます。

言われてみると確かに!
作者も主人公もすっかりボケておりましたよ。
言われてみて気付く事もあるもんですねえ、自分で書いたのに、不思議なもんです。

よろしければ、またおいで下さいませ。
鈴藤由愛
2008/04/29 19:32
あたしと魔法の皿 プラスマイナス1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる