プラスマイナス1

アクセスカウンタ

zoom RSS 当たりくじ

<<   作成日時 : 2008/03/07 22:22   >>

トラックバック 0 / コメント 5

「こうなったら、くじ引きで決めよう」

船長の言葉に、私は気が重くなった。

私は、くじ運が悪いのだ。

商店街の福引きはいつもハズレのポケットティッシュ。
宝くじなんか、何枚買っても三百円すら当たらない。
お年玉つきの年賀ハガキだって、切手シートすら当たらない。
学生時代では、席替えのくじを引けば、教壇の真ん前だとか、とんでもなく嫌な性格の奴の隣だとか、いつもロクでもない席のくじを掴んでいた。

今、くじ引きをしたら、間違いなく……。

私は思い切って嫌だと言おうか迷ったが、口を開くよりも船長が準備を終えてしまう方が早かった。
手帳を破って三本のこよりを作り、そのうちの一本の先を赤く染め、ジュースの空き缶に入れる。

「ちょっと待てよ。お前、目印をつけたりしてないだろうな?」

一緒にいる私の友人が指摘すると、船長は力無く首を横に振った。

「そんなことしないさ。だったら、あんた達から先に引けばいい」

そして、私達の前に、ずい、と空き缶を突き出した。

「先が赤くなっているこよりが『当たり』だ」

私と友人は、しばらくお互いを見つめる。

――先に引いたのは、友人の方だった。

緊張しきった顔で、そっとこよりを一本引き抜く。

三人が食い入るように見つめるこよりの先は……白い。

はーっ、と友人がため息をつき、力が抜けたようにうなだれた。

……次は、私の番だ。

私は、友人の顔をちらりと見た。
友人も、私の顔を見ていた。

私か、船長か。

どちらかが当たりを引くことになる。

私は、そっとこよりを引いた。

私の引いたこよりの先は……赤かった。


――当たりだ。


私は、自分の体が震え出すのを抑え切れなかった。

「お前、当たりを引いたな」

気がつくと、いつの間にか船長が立ち上がっていて、私を見下ろしていた。

「ああ……」

「じゃあ、わかってるな?」

私は、嵐に怯える小動物のようにうつむき、黙った。

それから、今にいたる経緯をちらりと思い出した。



嵐のせいで乗っていた客船が座礁して、私と友人、そして船長の三人はゴムボートでの漂流を余儀なくされた。
ちゃんとした救命ボートではない。
ゴムボートに食料が置いてあるだけというシロモノだった。
しかも、その食料は波にもまれるうちにあらかた海に落ちてしまった。

今日という日が、それから何日目になるのかもわからない。
ヘリコプターを遠くに二度ほど見かけただけで、あとは何の姿も見かけていない。

「いつか助けが来る。それまでの辛抱だ」

いつから、その言葉を口にしなくなっただろうか。
そのうち、わずかに残っていた食料が底をつき、私達は激しい飢えと渇きに悩まされた。

魚を捕まえて食べれば良いなんて、甘い考えだ。
奴らは素手でつかめる位置にはいない。

仕方なく、たまに降る雨水をため、少しずつなめるように飲んでいたが、それで空腹がしのげるはずもない。

やがて、飢え死にという言葉が頭をよぎるようになった頃。
誰からともなく、提案がなされたのだ。

三人のうち一人を殺し、その肉体を食べて残りの二人は生き延びよう、と。

恐ろしい提案には違いない。
しかし、三人とも限界だったのだ。

では誰を選ぶのかというところに話が及ぶと、皆だまってしまった。

誰だって、進んで命を差し出したくはない。
だが、「じゃあこいつを」などと言い出せるわけもない。

長いこと、私達は黙っていた。
空腹のことさえ忘れて、黙っていた。

そして、船長が口を開いたのだ。


「こうなったら、くじ引きで決めよう」と。


ああ、私はやはりくじ運がない。

こんな時に限って、当たりを引き当てるなんて。


私が人生の最後に見たのは、バカみたいに青く澄み渡った空と、光を反射して輝く海原、そして――銀色に鈍く光るナイフの刃、だった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
早くっ!早くヘリコプターーッ!!

間に合ったと思いたい。

運がいいんだか悪いんだか、わたしも検便当番とかでした。身につまされる。
つる
2008/03/08 00:20
わーー無人島に漂着して!
ナイフがあるからしばらくは生きていけそうな気がします。

くじ運、あんまり当たらないです。
それはそれでつまらない気がします。
neon1914
2008/03/08 05:37
感想ありがとうございます。

つる様>ヘリコプターが発見してくれていたなら、避けられた事態なのにねぇ(涙)
検便……私は会社の健康診断で初めて経験しました。
四苦八苦しつつ持っていくと、私はまだ必要な年齢ではなかったとのことで捨てられましたが。

neon1914様>ナイフがあれば何でもできる!(ア○トニ○猪木風に)
私もくじ運まったくありません。コンビニでやってる「○○○円以上買うと一回引けます」ってのはスカばっかりだし、今年の年賀状はついに切手シートすら当たらないという事態に。
や、厄年かしらっ?

よろしければ、またおいで下さいませ。
鈴藤 由愛
2008/03/08 21:35
ようやく引いた当たりが人生最大のハズレくじとは皮肉ですね。
くじ運は子供のころ良かったな。近所の福引でストーブ当てました。最近はダメですね。やはり欲をかくと運も逃げて行くようです。

2008/03/09 00:20
感想ありがとうございます。
こんな「当たり」は引きたくないですわね。
福引でストーブが!いいなあ。
私が今までで当てた中で一番良い物はー……ビール券だったかなぁ。

よろしければ、またおいで下さいませ。
鈴藤 由愛
2008/03/09 21:57
当たりくじ プラスマイナス1/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる